スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険外交員 資格

生命保険の販売というと
どこかのおばちゃんがやってくるか縁故関係か、というイメージが
私にはありましたが、先日その通りになりました(笑)

CMのように女優さんのような人が来てくれれば
思わず契約してしまうかもしれませんがねえ。


冗談はさておき、生命保険を販売する人のことを
生命保険外交員と呼びますが、その仕事は有資格者でないとできません。


当然ながら就職先が生命保険会社であったり
生命保険代理店と委託契約を結んだりすると
ベーシックな法律・税制といったものの研修を受けることになります。


それから生命保険営業職員一般課程試験に合格することで
保険外交員という資格をゲットできます。

試験に合格すればたいてい自身が所属する保険会社の外交員として
国で登録されます。


まあ試験自体はそこまで難しくはなく
合格最低点が100点中70点と割合ゆるいので
テキストで勉強し、しっかり練習していけば合格は難しくないでしょう。

とはいえ試験に合格できたとしても
会社によっては90点、あるいは95点でないと認めないといったところもあるので
合格できればいいや、とはいかないです。


しっかり保険の説明をできなければいけないのですから
当然といえば当然のようにも思えますが
難関資格は合格点がそこまで高くないので、なんとも・・・


あと、注記しておくこととして
保険会社を変える、つまり転職するときには
この資格は転職先でもまた利用できる・・・というわけにはいかず
また受験する必要があるということがあります。

転職が当たり前になってきた昨今
保険会社を変える人もいるかもしれませんので念のため。


保険の営業というとやっぱりコミュニケーション能力がものを言う部分が大きいでしょうが
彼らはこういった資格試験を経て、知識武装したうえで勧誘してくるんですねw

となると必然的に
こちら側にもそれなりの知識が求められることとなりますね。


保険会社に就職すると1年たった後は
収入がほぼ歩合制になり、鍛えられた人が来ますから
尚更ですね。

保険の商品が多様化していることから
ライフコンサルタント、シニアライフコンサルタントといった資格を
併せて持っている向上心の高い人が多いですから、保険の知識、本当必要かも。
スポンサーサイト

テーマ : 資格目指してみますか。
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 生命保険外交員

金融工学 資格

さて、今日は金融工学について簡単に書きます。

金融工学というのは「効率的な資本利用や効率的な金融制度等について分析・研究を行う学問」
のことなんです。

なんとなく難しそうですが、資本をうまく使うための学問だと思っていただければ
そうはずれてはいないと思います。

この金融の理論というのは、
現代社会のいたるところに浸透しており
これを理解すれば経済についてだいぶ詳しい人となれるでしょう。


この金融工学は、前に言った金融派生商品(デリバティブ)
を取り扱う人にとって必須となる学問です。


では金融工学に関する資格なんてあるのでしょうか?
なんでも検定などが作られてしまう現代、あってもおかしくはないのですが
直接関係のあるような資格はありません。

なので金融工学を学ぶとこういう資格を取れる!っていうのはないわけですが
学ばないと高度な金融市場分析ができなかったり、
証券アナリストの分析で必要となってくることはあります。



大学などで学べば、資格の取得はできずとも
高度な数学的理論を学んだということで
就職のときに間違いなく役立つでしょう。


また、先に述べたように
金融工学についての考え方を学べば現代社会の様々な仕組みが見えてくることなどから
公開講座も開催されています。

大学で学ぶ時間はもうないという方でも
意欲さえあれば十分学べます。


そうした講座では金利スワップや信用リスク、証券化、天候デリバティブといった話がされます。
学んでいないと難しくて何の事だか分からないと思いますが大丈夫。
基本的には素朴な考え方について、どういう仕組みになっているかを平易に解説されます。


ところで金融工学という言葉。
実は意味がはっきりしない面があるんです。
マスコミなどで使われる場合、
英語のFinancial Engineeringの和訳の意味で使われることが多いのですが
英語の金融工学は非常に狭義なんです。

一方日本語の「金融工学」は、文脈によりますが非常に広い意味で捉えられたりもします。
時にはFinanceとほぼ同じ意味を持つ言葉として使用されることもあるくらいです。

まあ学んだ人以外ではあまりなじみのない言葉でしょうが
学習すれば広い視野が持てるため、学習することをお勧めします。

テーマ : 資格試験
ジャンル : 就職・お仕事

金融先物取引外務員について

金融先物取引外務員資格試験という資格はあまり聞きなれない資格かもしれません。
それもそのはず。
社団法人金融先物取引業協会ということろに所属している人しか受験できない資格試験だからです。

だから知らない人にはあまり関係ないですし
知ってる人はこんなところ読まないであろう資格です(笑)

ただ、金融先物取引というのに興味がある人は知っておいてもいいかもしれない資格です。
なぜなら金融先物取引外務員というのは、証券取引やデリバティブ取引の勧誘をしたりする人なのですが
資格を持たずにそういう話を持ちかけてくる人がいるかもしれませんからね。

金融商品取引法による登録を受けないとそういった業務はできませんから
まずそこで騙されることがありませんよう。

ナニワ金融道なんか読むと
だいぶイメージ悪く書かれてますからね、デリバティブとか。

もちろん騙そうっていう人の方が少ないと思います、実際は。

だってその試験を監督している社団法人金融先物取引業協会は、当時の大蔵大臣の許可を得て1989年に発足したもので、金融先物取引業の適正かつ円滑な運営を確保することによって、投資家の保護と金融先物取引業の健全な発展を目指しているのですからね。

ただ金融先物取引法が改正されて一般顧客を対象とした店頭金融先物取引が
金融先物取引業に追加されたのは2005年と最近の話。

外務員の登録事務、紛争の解決のための斡旋というのも、新たに本協会の業務として加えられたものであって
あんまり歴史はありません。


金融関係の資格の中ではあまり聞かない資格かもしれませんが
金融先物取引の利用者および取引量が増加していることによって
資格者もまた求められてきているようです。

テーマ : 資格試験
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 資格 金融先物取引外務員

更に漏れてたこと

何度も補足書いて申し訳ないのですが

FP資格を取るにあたって
これが教育訓練給付制度(給付金)対象になっていることに
触れておく必要があるかと思いました。

教育訓練給付制度というのは
詳しくは厚生労働省のHPを見て欲しいのですが

要は働きながら学ぶ人や仕事がなくて資格を取ろうとする人が
資格の予備校や通信講座を利用する場合、その費用を一部負担してもらえるという制度です。


かかる費用が少ない場合はそれほどの額にはなりませんが
FP1級取得を目指す人はもちろん、2級・3級受験を希望する人も
働きながら、あるいは働きたいという方は申請を検討されてはいかがでしょうか。


ですから、忙しい人、仕事のない人は独学で頑張るよりも
資格予備校を利用したり、通信講座を受講する方が得をするような制度となっています。


資格予備校というとやはりTACや大原、LEC辺りが有名どころで
無難かと思います。
他にも地方の良いところはあるとは思いますが。


通信講座でしたらユーキャンにもFP資格通信講座というのがありますし
四谷学院というところでも、基礎からステップを踏んで学んでいける
55団塊学習プログラムというものがあります。こちらは特許出願済みになっているものです。

有名なところなら、どこを選んでもそう間違いはないと思います。
大事なのは、そこを信じて余所見をせずに頑張ることかと。

テーマ : 資格目指してみますか。
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 教育訓練給付制度 FP ユーキャン

資格を取りたい」の先頭へ
資格を取りたい 」トップへ
カテゴリ
最新記事
ブログランキング
くる天 人気ブログランキング

人気ブログランキングへ
ブックマーク
月別アーカイブ
定期預金貯蓄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。