スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語学試験の難易度

語学試験と言っても何度も言うように
英語の資格試験がメインですよね。

他にも大学で学んだ経験から
あるいはこれからのチャンスを考えて

中国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語
イタリア語、朝鮮語
などなどを受ける方もいらっしゃると思いますが
ここではあえて英語に限って話します。

なぜなら英語以外の外国語は
難しいと言っても専門的な資格が少なく
語学力以外で要求される能力が少ないんですね。

ところが英語の場合は専門的な仕事で必要な資格も多いため
ペラペラな帰国子女さんでも難しい場合があります。

日本語だってよく分からない文章について
学ぶことが必要な資格もありますからね。

だから英検の5?3級くらいの中学生でも取れるレベルの資格だけでなく
TOEICで900点取ることだって
ある意味カンタンな部類に入るかもしれません。

外国のレベルの高い大学・大学院に入る場合は専門用語を英語で
学ばなければなりませんし
外資系企業などで専門職として働くための
難しい資格もあります。
USCPAとかアメリカのロースクールなど。

特に文書・メールなどを扱う仕事の場合は
文章だけで意味がきちんととれないといけませんので
高い文法力・ボキャブラリーが求められますね。

加えて相手の国の歴史、そして文化
それに先程の専門分野の知識が必要なわけです。

もう母国語以上に精通しないととれないレベルかもしれませんね。

少しでも受験に、就職に有利になるように、っていう意識の人と
外国語を少しは使うかもっていう人と
語学の力がなければ話にならない仕事をする人

語学を学ぶと言えば同じですが
意識・目標の差は歴然ですね。

上を目指すのが単純に良いと言っているのではなく
自分のレベルと目指すところを確認して
それに見合った努力をするようにしないと

必要以上に相手が大きく見えたり
逆にそんなに難しくないと思ってしまったりして
大変です。


スポンサーサイト

テーマ : 資格試験
ジャンル : 就職・お仕事

独学で語学を身につける場合

最後の学習スタイルは独学・独習です。

独学するなら、まず教材を選ばなければいけませんね(専門学校でも通信でもそうですが)。

どんな教材があるか、ですが

単語集、リーディング、ライティング、リスニング、文法用の問題集
あと最近では発音教材も多いですね。

これをいきなり全部やるわけにはいかないと思うのでどこから攻めるかですが
一般的には単語集からではないでしょうか。
語学といったらボキャブラリーがないと始まらないと思われてますからね。

いや、確かにその通りなので否定はしづらいのですが。
ただ、どの程度分かれば単語が身についたといえるのかという定義が曖昧なので
意外と単語から始めるのも難しいです。

つまり、読めればいいのか、書ければいいのか、聞いて分かるレベルまで必要なのか。
即座に訳語が出てくればいいのか、文脈でつかめればいいのか、などなど。


なので個人的には、初めて学ぶ外国語の場合、初級の教材には意味が載っているので
単語集から始める必要はないのでは?と思っています。

じゃあ、何から?と言われると文法・・・かと思いきや
リスニングです。

仮に目指す資格にリスニングの問題などがなかったとしても
語学を身につける場合、リスニングは必須かと。
効率的なんですね、身につけるために。




ただ、目指すレベルによってそれも変わってくるからややこしい。
正直、大学などでの試験や、独検・仏検などの4・5級くらいだったら
単語集を何夜か漬けて挑んだ方が勝機があるかもしれませんので。

他にもちょっと短期留学しようかな、みたいなレベルの人も。


結論としてはある程度長期的な勉強が必要なレベルの試験を受ける場合はリスニング教材オススメです。
だから易しい音声付き教材だったら何でもいい気がします。
最近のは文法教材でも音声ついてたりしますし。


例外として、聴覚よりも視覚からの勉強が得意だという方もいらっしゃるかもしれません。
でも本当に例外なので、これまで生きてきてそう強く感じる方以外は
聴覚からの勉強の方が、こと語学においては圧倒的に有利だと思います。


リスニングなら外出時や日常生活でも聞くチャンスはありますしね。
ちょっと面倒に思うこともあるかもしれませんが積み重ねの力はすごいです。
で、参考書などを開いて勉強できる時間は聞いてるものの確認に使うというのがスタンダードですね。

まあ、こういったやり方は独学に限らないかもしれませんが。


独学を選ぼうという方は分かっていると思いますが確認の意味で申しますと
書店やインターネット、通信販売などで宣伝されてる広告を見て買った有名なものでも
最高の教材・プログラムを提供してくれるとは限りませんし
続かない可能性も多々あります。


語学を独習する際には教材を買うこと以外でも、様々な教材を工夫次第で入手できます。
英字新聞や子ども向けの英語番組などありますよね。
英語以外でも、原語で外国語映画を観たり、インターネットで探すこともできます。
つまり日常生活の中に教材はいくらでも転がっているのです。


あとは辞書ですが、人によっては使うなとか言ってたりしますね。
これも目指す資格とレベルによると思います。
その国の言語で思考できるレベルになりたいのなら、確かに辞書は邪魔かもしれません。

でも翻訳業などは辞書なしではとても無理ですからその限りではありません。
つまりケースバイケースで考えていけばよいかと。

ロシア語などは電子辞書にないことが多く、紙の辞書を使うことになるかも。


最後に資格の受験情報についてですが
インターネットで同じ資格を目指している仲間を探したり
受験情報誌を買うなどの努力は、やはりしたほうがいいかもしれません。


独学は、通信教育の場合よりも
自分が全体のどの辺りに位置しているか分からず不安になりがちですので
語学試験の合否の可能性も予測しづらいのが困りものです。


独学のメリットに書きました、一人の方が集中できるという点に
あてはまる方ならそんなに気にする必要もないのですが
仲間がいないと不安になってしまう人は良いライバルを探してみましょう。

自身の学習の跡をブログなどで書き綴るのもいいかもしれません。
語学はやはり継続ですから。

テーマ : 資格試験
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 勉強 試験 語学 英語 独学 資格

通信での語学教育

専門学校について詳しく述べたので
今日は通信教育で語学を学ぶことについて。

通信教育というと、いっぺんに、あるいは月毎に
CDやテキストなどが送られてくるというスタイルを想像する方が多いと思います。

基本的にはその通りなのですが、それだけではありません。

一部の大企業が広告やCMで宣伝していることで
通信教育をやっている学校・会社の数はあまりないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが
インターネットで探せばさまざまなところがあります。

もちろんハズレも多いですが(;^_^A


ネットでは探すだけでなく、それを使用した通信教育も増えてます。

ネットが流通するまでは添削・相談などのフォローは電話、FAX、郵送などしかありませんでしたが
ネットを利用する場合、メールによって連絡が取れます。

これはコスト面でも利点がありますし
返答が早い、質問しやすいなどのメリットがあります。

電話などでのやり取りが苦手な方には特に良いのではないでしょうか。

語学ですから、スカイプを利用した学校も今後増えていくでしょう。


専門学校のとき書いた外国語大学ですが
通信教育も備えているところが多いです。

目指す資格によってはこういう大学でしか入手できないものもあるようですので
そういうところを利用するケースもあるかもしれません。


通信教育の利点は、もちろん自分のペースで進められるところです。
通学にかかる時間がないのもそうかもしれません。
これなら移動が困難な方でも問題なく学習できますね。

友人、ライバルができないと不安な方もいるかもしれませんが
そういう人たちと無駄に時間を使ってしまうことも考えられますので
見方を変えれば1人というのもメリットと言えます。

デメリットはやはり・・・やる気でしょう。
どれだけ反復できるかが語学学習では最重要事項ですので。

サポートなども存分に利用できる貪欲な性格の人に向いていそうです。


何が何でも資格をとる、という強い思い、理由がある方には
1人の方が軸もブレずに集中できるかもしれません。

ご自分に合ったものをご検討ください。

テーマ : 資格試験
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 試験 語学 資格 通信教育

語学の専門学校

専門学校、というと語学にそんなものあるの?と
個人的には思っていたのですがあるんです。

英会話学校のようなものだけでなく、専門の学校が。

で、先回話したとおり資格取得の手段として
語学の専門学校へ通うというのがあります。

独学で頑張る!という方はそれで全く問題ないですので
検討中の方だけお読みください(*^-^)


ここへ通学すれば1人で勉強する場合と違って
カリキュラムが組まれてますから勉強法に迷うこと(というか必要)がなくなります。

それ以外にも最新の動向とかも調べなくても
あちらが教えてくれるので大船に乗ったつもりでいられると思います(笑)
漕ぐのは本人ですが。


まあ、一番いいところはお伝えしたとおり、
勉強を継続しやすい環境ということでしょうか?

大学受験を控える予備校生くらいだと
本来の職務(?)を忘れて遊んでしまうこともあるかもしれませんが
自分のお金で入った学校なら、怠けにくいと思います。

慣れてくれば、通学することで自宅とは環境が変わり、
勉強モードに頭がチェンジすると思います。


さて、語学専門学校と言いましても
ふつうの短大とか大学みたいに朝から1日中授業があるタイプ、
つまり色々な事情の人たちを一手に引き受けるタイプと

定時制・夜間学校のような、仕事と勉強を両立する方向けに夕方から夜間の時間帯にだけ
指導しているところがあります。

どちらを選ぶかはもちろん都合に合わせてください。


ところで、語学専門学校といいましても明確な定義はないので
大雑把にみれば、○○外語大学といったところも
語学専門学校の一つだと考えてもいいかもしれません。

試験も語学力が重視されますし
カリキュラムもやはり語学を鍛え、語学によって何かを学ぶ
というところが多いですから。


まあとにかく、再三言っているように
めざす語学資格の種類によって
勉強法も変わってきますから
とうぜんどの語学専門学校にするか、の選択の幅は人それぞれです。


選ぶときのポイントですが
学校ごとの目指す試験の合格率などを調べるのは基本ですね。

ただあれは数字のトリックが多用されるので
安易に信じてはいけないのですが・・・。

また、校舎毎に合格率が出ている場合はそれも調べましょう。
全体として評判が良くても、自分が通うところはハズレだったら困りますからね。


数字を気にしすぎるよりもその学校が何を考えているか
相手の裏を読む作業もできれば行って欲しいですね。
そんなに難しくないと思います。
資料を読んで、ネットで評判聞けば大体の想像はつきますから。


どうしてそんなことをするのかというと、どこの業界でもそうですが
自社の利益だけ考えて受講者を合格させる気があまりない学校
つまり宣伝ばかり立派な学校や

資格も取れるけど実は
楽しく勉強しよう、とか
外国人と触れ合おう、みたいなことを
一番に考えている学校もあるので。


経営状況まで把握できれば
最近あったようなトラブルに巻き込まれることもないと思いますが
ここまでするのはさすがになかなか難しいと思います・・・。


ま、とにかく

あまり学校選択などに慣れていない方は
2,3社の資料請求などをしてみて
どの会社もすごそうなこと言ってて
どこもウソっぽいってことを体感してみるのもいいかもしれません(笑)

よほど評判が悪いなどがなければ
直感で決めるのも悪くないです。
自分が良さそうだと思ったものに従うこと。


それでは不安で
「何としても!」っていう気概のある方は
お試しのような体験入学のような制度を設けている学校も多いので
そういうのに行ってみたらいかがでしょう。

その専門学校にどのくらいの期間世話になるかは目指す資格次第ですが
たとえ通う期間が短い場合でも真剣に選んで欲しいと思います。

テーマ : 資格試験
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 資格 語学 試験 勉強

資格を取りたい」の先頭へ
資格を取りたい 」トップへ
カテゴリ
最新記事
ブログランキング
くる天 人気ブログランキング

人気ブログランキングへ
ブックマーク
月別アーカイブ
定期預金貯蓄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。