スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FP試験の補足

昨日書いたFP資格のことに関して
もうちょっと書きたいことがあったので補足を。


まずFP技能士についてなのですが、

この資格、2002年4月に職業能力促進法という法律に基づいて
厚生労働省が認定する国家資格として生まれたものなんですね。

まあここまではどうでもいいのですが(笑)

大事なのはこのFP技能士という資格、更新が必要ないんです。
当たり前じゃんと思われた方もいらっしゃるでしょうけど
弁護士、公認会計士、税理士など、公的な資格は更新が必要なものが多いのです。

そういえば教員免許も更新制になりましたね。
今後どうなるかは分かりませんが。

運転免許証のように何年かおきに更新する手間が
かからないというのは、大きなメリットではないでしょうか?

ただ、今後どうなっていくかについては保証はできませんが。


さて、試験についてですが
学科と実技の試験があるのをご存じでしょうか?

実技と聞くと尻ごみしてしまうのは私だけではないと思います。
しかしお客様の資金の運用法などの提案をしていくことを考えた場合
そういった試験を突破していない人が有資格者となるほうが問題ですよね。


ただ、そうは言っても実技が口頭試問があるのは1級だけであり
2級・3級は実技試験と言っても記述式の問題です。

なので学んだ内容を身近な人と共有するためとか
不動産あるいは建設業界に勤めていて、顧客に対して自信を持った提案をしたいとか
日常生活でそうした知識を活かそうという考えで勉強される分には
3級?2級で十分だと思います。


口頭試問があるというところからも分かる通り
特に難しいのは1級です。

3級は学科試験が2時間で実技試験が1時間。
2級は学科が2時間で、実技試験が1時間半。
学科がマークシート方式であり、実技は記述です。

どちらも1日のうちに両方の試験を受験します。


ところが1級の試験は
学科と実技の試験が別の日程であり

学科だけで午前と午後、基礎問題と応用問題が2時間半ずつ、計5時間あり
実技試験も半日ほどかけて行われます。


いかにFP技能士1級試験が2級や3級と難度が違うかが分かるでしょう。

しかしFPとして独立したいと考えている方は
1級試験を突破しないわけにはいかないでしょう。


何点満点かはそれぞれ異なりますが
合格最低ラインはいずれも60%となっています。
スポンサーサイト

テーマ : 資格試験
ジャンル : 就職・お仕事

資格を取りたい」の先頭へ
資格を取りたい 」トップへ
カテゴリ
最新記事
ブログランキング
くる天 人気ブログランキング

人気ブログランキングへ
ブックマーク
月別アーカイブ
定期預金貯蓄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。