スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融工学 資格

さて、今日は金融工学について簡単に書きます。

金融工学というのは「効率的な資本利用や効率的な金融制度等について分析・研究を行う学問」
のことなんです。

なんとなく難しそうですが、資本をうまく使うための学問だと思っていただければ
そうはずれてはいないと思います。

この金融の理論というのは、
現代社会のいたるところに浸透しており
これを理解すれば経済についてだいぶ詳しい人となれるでしょう。


この金融工学は、前に言った金融派生商品(デリバティブ)
を取り扱う人にとって必須となる学問です。


では金融工学に関する資格なんてあるのでしょうか?
なんでも検定などが作られてしまう現代、あってもおかしくはないのですが
直接関係のあるような資格はありません。

なので金融工学を学ぶとこういう資格を取れる!っていうのはないわけですが
学ばないと高度な金融市場分析ができなかったり、
証券アナリストの分析で必要となってくることはあります。



大学などで学べば、資格の取得はできずとも
高度な数学的理論を学んだということで
就職のときに間違いなく役立つでしょう。


また、先に述べたように
金融工学についての考え方を学べば現代社会の様々な仕組みが見えてくることなどから
公開講座も開催されています。

大学で学ぶ時間はもうないという方でも
意欲さえあれば十分学べます。


そうした講座では金利スワップや信用リスク、証券化、天候デリバティブといった話がされます。
学んでいないと難しくて何の事だか分からないと思いますが大丈夫。
基本的には素朴な考え方について、どういう仕組みになっているかを平易に解説されます。


ところで金融工学という言葉。
実は意味がはっきりしない面があるんです。
マスコミなどで使われる場合、
英語のFinancial Engineeringの和訳の意味で使われることが多いのですが
英語の金融工学は非常に狭義なんです。

一方日本語の「金融工学」は、文脈によりますが非常に広い意味で捉えられたりもします。
時にはFinanceとほぼ同じ意味を持つ言葉として使用されることもあるくらいです。

まあ学んだ人以外ではあまりなじみのない言葉でしょうが
学習すれば広い視野が持てるため、学習することをお勧めします。
スポンサーサイト

テーマ : 資格試験
ジャンル : 就職・お仕事

資格を取りたい」の先頭へ
資格を取りたい 」トップへ
カテゴリ
最新記事
ブログランキング
くる天 人気ブログランキング

人気ブログランキングへ
ブックマーク
月別アーカイブ
定期預金貯蓄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。